Open Innovation Submission Portal

Technologies to Enable Consumer Promotions / 消費者向け販売促進を可能にする技術

Request Number 175424 | Author PepsiCo

Description

PepsiCo is interested in new methods to delight and engage with regard to promotional activity using existing packaging components such as bottles, labels and closures.

PepsiCo社が、ボトル、ラベル、キャップなどの既存のパッケージを使って、販促活動における消費者の好意度やエンゲージメントを高めることができる新しい手法を求めている。

Background

PepsiCo connects with consumers in a variety of ways, such as advertising and social media. On a more personal, individualized level, PepsiCo can also connect with consumers via QR codes on labels or via unique codes added to the underside of a cap. Driven by the unique coding, these under-the-cap (UTC) codes can provide access to product or promotional information or can provide entry into a contest. Once redeemed, unique codes will need to be prohibited from further redemption.

In order to access the code, the consumer must first purchase the product and then open the container by breaking the tamper evident bands to access the unique code. Often, however, the UTC codes can be difficult to read using either the human eye or with a cell phone camera. The main challenge: the closure base color has little contrast when compared to the UTC text. This results in a decline in consumer engagement and participation.

PepsiCo is seeking:

  1. systems or technologies that can deliver a more positive consumer experience by ensuring greater visibility and legibility to unique UTC codes
  2. alternatives to the traditional UTC codes by leveraging bottles, labels or closure technologies that still require consumer purchase of the product prior to accessing the unique identifier.

While PepsiCo is primarily interested in technologies that are closer to commercial availability, early-stage solutions may also be of interest, provided a clear development pathway exists.

PepsiCo社は、広告やソーシャルメディアなどを通じて消費者とつながりを持っている。さらに個人のレベルでのつながりとして、ラベルに記載したQRコードや、キャップの内側につけた独自のコードを通じた消費者とのつながりも有している。この独自のコーディグ技術を用いたキャップの内側の(under-the-cap, UTC)コードへアクセスすることで、消費者は商品・販促情報へのアクセスや、キャンペーンへの参加が可能になる。独自のコードは、一度アクセスするとその後のさらなるアクセスはできないようになっている。

コードにアクセスするためには、まず商品を購入し、不正開封防止バンドを取って容器を開ける。しかし、UTCコードは目視や携帯電話カメラ機能での判読が難しい場合が多い。本案件での主要な課題は、キャップの基調色とUTCコードの文字のコントラストがほとんどないことである。これが原因で、消費者がUTCコードの利用やキャンペーンへ参加することが妨げられている。

PepsiCo社は、以下の技術を求めている。

  1. 独自のUTCコードの視認性、読みやすさを向上させ、消費者がより積極的に消費体験をできるようなシステムもしくは技術
  2. ボトル、ラベル、密閉に関する技術を用いた、独自のコードにアクセスする前に当該商品の購入を必要とする、従来のUTCコードに代わる技術

 

本件でPepsiCo社は、商用化に近い技術に最も関心を持っているが、開発プロセスが明確であれば初期段階のソリューションについても興味を持つ可能性がある。

Key Success Criteria

Must-Haves:

  • Must be scalable and run at speeds of 1,000+ parts per minute, preferably assembled within our supply base
    • Solutions which require multiple pieces of equipment to reach desired speed will be considered
  • Must not impact current finished goods performance:
    • Bottle opening/closing
    • Label scuffing or tearing
  • Must be compatible with PepsiCo's Packaging with a Purpose goals with regard to sustainability:
    • Proposed technology must not
      • negatively impact recyclability of the bottle or closure
      • negatively impact the carbon footprint of production efforts
      • negatively impact bottle or closure weight
  • Must be compatible with 28mm diameter 1881 plastic closure
  • High degree of ease for consumers:
    • Minimal number of steps for consumers
    • Easy to follow directions
    • Codes readable by cell phone camera OR
    • Easily readable by eye for manual entering

Nice-to-Haves:

  • Minimal impact on filling plant
  • Variety of color options
    • Custom color options highly desirable

必須条件:

  • 大量生産可能であり、1分間に1000個以上のスピードで依頼主の供給拠点において製造できることが望ましい
    • 複数の装置を必要とするソリューションであっても、要求する速度を達成するものは検討対象である
  • 完成品の以下の機能に影響を与えないこと:
    • ボトルの開閉
    • ラベルの剥離
  • PepsiCo's Packaging with a Purpose のサステナビリティの部分に対応していること
    • 提案する技術は以下の項目を避けること
      • ボトルやキャップ部分のリサイクル性に悪影響を及ぼす
      • 生産時のCO2排出量に悪影響を及ぼす
      • ボトルやキャップ部分の重量に影響を及ぼす
  • 直径28 mm・PCO-1881規格のキャップに対応していること
  • 消費者にとって使いやすいこと:
    • コードにアクセスするための必要ステップが最低限である
    • 使用法がわかりやすい
    • 携帯電話のカメラでコードが判読できる、もしくは
    • 手入力する際に目視で簡単に判読できる

歓迎条件:

  • 充填工場への影響が最小限である
  • 色の選択肢が多い
    • 色の選択肢が多いと非常に好ましい

 

Possible Approaches
  • Laser marking
  • Laser engraving/etching
  • Reactive polymers which exhibit color changes when exposed to lasers
  • Novel non-alphanumeric displays
  • Leveraging bottle characteristics
  • Leveraging label by potentially concealing unique codes on labels

 

  • レーザーマーキング
  • レーザー彫刻/エッチング
  • レーザーにさらすと色が変わる反応性高分子
  • 新規性のある非アルファベット表示
  • ボトルの特徴を利用するもの
  • ラベルに独自コードを隠すなどラベルを利用するもの
Approaches not of interest

Unless significant advances have been established, PepsiCo is not interested in:

  • QR codes which can be redeemed prior to purchase
  • Geofencing technologies

 

提案技術に大きなアドバンテージがないかぎり、以下に関する提案は依頼主の興味の範囲外とする:

  •  購入前に使用可能なQRコード
  • ジオフェンシング機能
Preferred Collaboration types
To Be Negotiated